FEATURE~美文字への道 vol.2 ~ 『その人が書く、手書き文字だからこそ』

2018/07/30

8月に入り、夏本番。暑い日が続いていますね。

思えば、今年は春の桜の開花も早かったですし、7月からのこの暑さが続いていることを考えると、季節が前倒しなのでしょうか。
この調子だと1年もあっという間に終わってしまいそうな予感をひしひしと感じている今日この頃です。

そんな中、今回のコラムで取り上げるこのテーマ、実は私がつくづく感じていることなのです。

私は今流行りのインスタグラムで、「手書きツイート」というものを投稿しています。

「手書きツイート」とは、自分の思った事、感じたこと、誰かに伝えたい言葉などを文字におこして紙に書き、写真にとって投稿するものです。(このコラムで掲載している写真も、この「手書きツイート」にあたります。)

写真はその内容を、視覚的に、そして瞬時に相手に伝えることが出来ます。
特に説明を添えなくても伝えることができるので、とても手軽。
面倒くさがりの私にはぴったりなSNSだったのです。

私が投稿している内容は、自分で思ったり感じたりした事ももちろんなのですが、日々の何気ない日常の中で誰かに言ってもらった言葉や、大切にしたいなと思った言葉がほとんどです。

インスタグラムを始めたきっかけは、そんな大切な言葉たちを忘れたくないから。自分の心にちゃんととどめておけるようにと始めたのが最初でした。
最初はだれでもない“自分の為”だったのです。

またあえてその言葉を手書きにしたのは、手書きした方が内容を忘れない!という理由とともに、自分の字を客観的に見ることができるというのも大きかったからでした。

最初はそんな“自分の為に感”満載で、何気なく始めたインスタグラムでの「手書きツイート」の投稿でしたが、思いもかけずありがたいことにたくさんの方に目を留めて頂き、 多くのうれしい反響をいただくことができました。

その中で自分としてはとても意外だったのが、「内容もですが、丁寧に手書きで書かれているのでさらに心に響きます。」とか、「手書きの文字のおかげで内容がすっと心に入ってきます。」 といったコメントをたくさんの方からいただけたことでした。

自分としては、まさかこんなことを言っていただけるなんて思ってもいなかったのです。

よく、「手書きの方が心に残るから。」とか「言葉で言うより手紙の方が想いは伝わるよ。」
と言われますが、実際「ああ、こういうことなんだな。」と強く実感しました。

またそれと同時に、「文字の力ってすごいな。」とも改めて思いました。

では、「手書きの言葉(文字)が心に届きやすかった」のはなぜなのでしょうか?

まずは当たり前のことかもしれませんが、書かれた言葉(文字)は「何度も読み返せる」ということだと思います。

話した言葉(会話)はその場のやりとりの中でどんどん消えていってしまいます。

もちろん会話の中であっても、聞き手がものすごく感動した言葉や、衝撃を受けた言葉は心に残りやすいです。

しかし、聞き手が関心を持って聞いていないとその言葉はもう消えてなくなってしまいます。

話した言葉(会話)は一瞬ですが、書かれた言葉(文字)は残るのです。

そしてもう一つ。
私はこれこそが「手書きの言葉(文字)が心に届きやすかった」一番の理由ではないかと思います。

それは、その人にしか書けない手書きの文字だからこそ、「その人らしさ」やその時の想いが表れるということです。

活字体で書かれていると誰が書いた文章かわからないけれど、手書きで書いてあると、「ああ、○○さんね。」とわかること、どなたも一度は経験があるのではないかと思います。

読んだ人はその内容もさることながら、そこに「その人らしさ」を感じること、その人の想いや存在を感じることで文章に、より親近感やぬくもりを感じるように思います。

だからこそ手書きの言葉は、読んだ人の心に内容がすっと入って、届きやすいのではないでしょうか。

一般的に、読みやすくて、形が整った字を美文字といいます。

でも読む相手のことを大切に想って、「丁寧に書こう。」「読みやすく書こう。」という気持ちがこもった字は、もう立派な美文字だと思うのです。
自分は字が下手だからといった思いや、恥ずかしさから字を書かなくなってしまった人がいるのであれば、とてももったいないことだと思います。

だって、書いた言葉は相手に届きやすいし残りやすい。
誰もが自分の気持ちを最大限伝えられるすごいツールをもっているのに、それを使わないでむしろ隠していることになりますから。

たまには時間をとって、相手のことを想った「自分らしい」文字で、言葉で、気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

きっとメールより電話より、想いがきちんと届くと思いますよ。

(斉藤美苑 東洋書道芸術学会師範 東洋書道芸術学会評議員)

新・実用ボールペン字講座

分かりやすさ抜群の動画で、一日たったの15分。美文字を目指そう!

  • Facebook
  • Instagram